平成27年度 黒石市国民健康保険黒石病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 14 38 46 87 169 306 717 784 900 184
 平成27年度(H27.4.1~H28.3.31)に当院を退院された患者さんの人数を、年齢階級別(10歳刻み)に示しています。年齢は入院時での年齢です。高齢化に伴い70歳以上の患者さんの割合が高く57.5%を占めていました。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
28年度よりDPC対象病院となったため27年度実績なし
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 4 26 30 2 20 1 7
大腸癌 19 9 29 16 7 18 1 7
乳癌 7 13 2 4 1 7 1 7
肺癌 0 0 2 5 0 2 1 7
肝癌 6 6 1 2 0 15 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 わが国で、現在最も罹患数が多い5つのがん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の実患者数を、UICCにて分類し病期(stage:ステージ)別に示したものです。 病期分類には、国際対連合(UICC)によって定められた分類1)と、学会・研究会などが作成し日本のみで用いられている癌取扱い規約2)の2種類あります。原発巣の広がり(T)、リンパ節への転移の有無(N)、遠隔転移の有無(M)の組み合わせによりそれぞれstageⅠからstageⅣまで分類されます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 7 9.86 59.00
重症度 1 22 17.68 76.18
重症度 2 22 24.23 81.45
重症度 3 15 29.33 83.60
重症度 4 6 18.50 78.83
重症度 5 2 8.50 94.50
不明 0 0.00 0.00
 成人(15歳以上)の肺炎の患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数を示しました。市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。重症度分類はA-DROPスコアを使用しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 10.00 78.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 88 32.22 76.60 31.18
その他 5 46.20 76.60 1.08
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 7 8.29 72.43 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0.00 0.00 0.00 0.00
その他 3 9.33 63.67 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0.00 0.00 0.00 0.00
その他 0.00 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0.00 0.00 0.00 0.00
その他 0.00 0.00 0.00 0.00
 脳梗塞の病型別患者数、平均在院日数、平均年齢、転院数を示しています。最も医療資源を投入した傷病をICD10毎に集計し、3日以内の発症、その他に分類し集計しています。 ICD10とはWHO(世界保健機関)が定めた国際疾病分類です。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 122 0.07 1.06 0.00 66.25
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 90 5.10 12.99 5.56 82.27
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2センチメートル未満) 26 0.12 1.00 0.00 66.46
 診療科別主要手術別患者数(診療科別患者数上位3位まで)は、診療科毎に手術件数の多い術式について、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。Kコードとは、医科診療報酬点数表に基づく手術術式の点数表コードです。 内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術の症例が最も多く、1泊2日の入院にて行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 43 1.63 2.84 0.00 66.07
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 26 5.58 28.58 3.85 71.54
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 24 6.71 21.50 0.00 75.13
 外科では、鼠径ヘルニアに対するヘルニア手術の症例が最も多く、2泊3日の入院にて行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕・肩甲骨) 66 6.14 32.48 43.94 81.61
K0462 骨折観血的手術(下腿・前腕) 30 5.73 33.93 0.00 65.17
K0811 人工骨頭挿入術(股・肩) 19 8.16 22.11 78.95 77.42
 整形外科では、骨折観血的手術(大腿・上腕・肩甲骨)が最も多く、なかでも大腿骨骨折に対する手術が多くなっています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 24 0.04 10.29 20.83 77.71
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 9 4.89 18.78 33.33 60.67
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 7 1.43 33.00 14.29 63.43
 脳神経外科では、慢性硬膜下出血に対する慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が最も多く行われています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 18 1.17 9.89 0.00 45.44
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの) 7 2.71 15.00 0.00 51.57
K867 子宮頸部(腟部)切除術 2 1.00 8.00 0.00 34.50
 産婦人科では、子宮筋腫に対する子宮全摘術が最も多く行われています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 227 0.00 1.05 0.00 75.96
K2683 緑内障手術(濾過手術) 4 0.00 9.50 0.00 72.50
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)( 3 0.00 3.00 0.00 87.67
 眼科では、白内障に対する水晶体再建術が最も多く、1泊2日の入院で行っています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 7 0.14 6.86 0.00 24.57
K333 鼻骨骨折整復固定術 4 0.00 5.75 0.00 26.75
K3892 声帯ポリープ切除術(直達喉頭鏡によるもの) 3 0.00 6.00 0.00 48.00
 耳鼻咽喉科では、慢性扁桃炎に対する口蓋扁桃炎手術が最も多く行われています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 4 0.12
180010 敗血症 同一 2 0.06
異なる 5 0.15
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.03
異なる 1 0.03
180040 手術・処置等の合併症 同一 26 0.80
異なる 2 0.06
 当院に入院した患者さんのうち、“播種性血管内凝固症候群”、“敗血症”、“その他の真菌症“、“手術・処置の合併症“について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)と同じかまたは、合併症として入院後新たに発症したかを区別し、それぞれ患者数、全退院患者に対する発生率を示したものです。
更新履歴