看護局の紹介
               
〜新たな時代に向けて〜

 5月1日から年号が「令和」に変更になります。31年続いた「平成」から、新しい時代に移り変わっていきます。
 また、病院を取り巻く環境も、めまぐるしく変化しています。地域医療構想、少子高齢化、働き方改革など、病院が変革を求められる時代になりました。

 今年度、看護局理念を“患者さんへ目をむけ、耳を傾け、言葉をかける”に変更しました。理念にあるように、看護の基本を忘れることのない看護職員の育成・指導をしていく次第です。
 また、年々、煩雑化している看護業務においても、少しでも、看護業務に専念できるような職場環境に改善していきたいと考えいています。時間を要することと思いますが、現場の意見を取り入れながら、他職種と協働していく予定です。
 地域住民の皆様に、喜ばれ、信頼される病院を目指していきたいと思っています。
                                       
                             2019年4月吉日
                             看護局長・認定看護管理者  工藤 由紀子



 
看護局の理念

      
患者さんへ目をむけ、耳を傾け、言葉をかける

       目をむける:患者さんをよく看る(患者さんを全人的に看る)
       耳を傾ける:患者さんの声をしっかり聴く(満足と安心感)
       言葉をかける:何か困っていることはないか、患者の視点に立ったわかりやすい説明


 看護局行動指針
    ★ 責任を持ち継続性のある看護を提供します。
    ★ 患者さんの安全を優先した看護を提供します。
    ★ 経験を積み学び成長し根拠ある看護を実践します。


 平成31年・令和元年の目標
    ◆ 心暖かい言葉遣いや挨拶をします。
    ◆ チーム医療を担う一員として活動を促進します。
    ◆ 患者さんがその人らしい生活を送れることを重視した支援をします。


 
看護局の概要 看護職員数 224名 (平成31年4月現在)

          職員    看護師       163名 
                社会福祉士      2名
          臨時職員  看護師         13名
                准看護師        15名
                看護助手        29名
                事務員        2名


 
看護単位  5病棟、外来、手術室


 看護体制  チームナーシング
  夜勤体制  病棟:3交代制 一部2交代あり
        外来:当直制
        手術室、内視鏡室: オンコール制


 
委員会活動
   質の高い看護サービス提供と、効率化のために「安全」・「教育」・「業務」に分け、
  それぞれの委員会を下記のようにしました。

    ★安全・感染  ★教育・研究・学生指導  ★看護記録・看護必要度  



 院内教育システム
   看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)と、当院のラダーを組み合わせて作成しました。
  e‐ラーニングも取り入れています。

 ラダーT  ラダーU  ラダーV ラダーW   ラダーX
 看護技術研修 
レポートの書き方
輸血療法
看護倫理とは
メンバーシップ
多重課題
看護記録
リフレッシュ研修
学生指導
災害看護
院内留学
フォローアップ研修
(3・6ケ月,1年)
 医療安全
リーダーシップ
看護研究
退院支援
看護倫理
災害看護
学生指導
 看護過程・記録 
化学療法看護



 退院支援の実際
リーダーシップ
医療安全
災害看護
効果的な学生指導
看護過程の展開
看護倫理・事例分析
看護研究




 看護記録監査
病棟管理(講義・演習)

医療安全
看護研究査読
災害支援看護
倫理・事例分析・検討
学生指導





 病棟管理
病棟・施設・在宅の連携
SWOTの分析
自部署の分析・発表
学生指導・実習評価方法
災害看護







 
当院の認定看護師数

   感染管理認定看護師        1名
   緩和ケア認定看護師        1名
   救急看護認定看護師        2名
   脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  1名
   皮膚・排泄ケア認定看護師     1名
   認定看護管理者          1名


日本看護協会発行の協会ニュースに当院での取り組み『看護職のワーク・ライフ・バランス』が掲載されました。

日本看護協会より『第3回看護職のワーク・ライフ・バランス推進カンゴサウルス賞』を受賞しました。また仮眠室の整備が評価され『仮眠とれるで賞』として特別賞を受賞しました。