看護局について

看護局の紹介

 2020年は、新型コロナウイルスの対応に追われた1年でした。「新しい生活様式」に、日常生活環境は変化しました。病院も、過去にない期間の面会禁止、臨地実習受け入れ制限、新人および看護師研修の形も変化しました。今年度も、新型コロナウイルス感染症の影響は続きそうです。

 今年度は、新人看護師の教育期間を延長、1年半かけての研修に変更しました。特に、新人看護師の不安が強い、看護技術取得に関しては、1日目講義、2日目シミュレーションまたは実技・振りかえりとしました。成長段階に合せ、看護技術習得内容はレベルアップ出来るように日程調整しました。e-ラーニング等も取り入れた研修内容になっております。

 面会禁止が継続され、今後のメドがたっておりません。入院患者さんのご家族は、どのような入院生活を送っているのかご心配と思います。看護局理念にありますように、“患者さんに目をむけ、耳を傾け、言葉をかける”を、忘れずに日々の看護業務を遂行していきます。

 新型コロナウイルスワクチン接種が始まりました。以前のような日常がはやく戻ってくることを願っています。

2021年4月 看護局長・認定看護管理者 工藤 由紀子

看護局の理念

“患者さんへ目をむけ、耳を傾け、言葉をかける”

看護局行動指針

◎責任を持ち継続のある看護を提供します。
◎患者さんの安全を優先した看護を提供します。
◎経験を積み学び成長し根拠のある看護を実践します。

今年度目標

◎心温かい言葉遣いや挨拶をします。
◎チーム医療を担う一員として活動を促進します。
◎患者さんがその人らしい生活を送れることを重視した支援をします。

教育理念

“自ら考え、行動できる看護師の育成”

育成したい看護師像

◎ゆたかな感性と高い倫理観をもった看護師
◎専門的知識、技術を有し、根拠ある看護ケアを実践できる自律した看護師

看護局の概要

看護職員数

216名(令和3年4月現在)

職員

看護師150名、社会福祉士4名

臨時職員

看護師14名、准看護師17名、看護補助者29名、事務員2名

看護単位

3階東病棟:一般病棟 
3階西病棟:一般病棟
4階病棟:地域包括ケア病棟
5階東病棟:地域包括ケア病棟
5階西病棟:一般病棟
外来
手術室

看護体制

看護体制

チームナーシング

夜勤体制

病棟: 3交代制、一部2交代あり
外来: 当直制
手術室、内視鏡室: オンコール制

活動委員会

質の高い看護サービス提供と、効率化のために「安全」・「教育」・「業務」に分け、それぞれの委員会を下記のようにしました。

安全・感染  教育・研究・学生指導  看護記録・看護必要度

院内教育システム

看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)と、当院のラダーを組み合わせて作成しました。
e‐ラーニングも取り入れています。